top of page
  • メガネ家

サングラスについて~番外編~

梅雨入りしました


この時期が

「梅の熟す時期の雨」

だから梅雨と呼ぶみたいです


(諸説あるなかの一つです)


















今回もサングラスについて























数年前から

テレビの影響でよく聞かれることがあります






















濃い色のサングラスだと瞳孔が大きくなって

 紫外線を多く取り込むからいけないんでしょ?



























実際どうなのか






















濃い色が目の前にあると確かに瞳孔が大きくなります









瞳孔が大きい時は

光と共に紫外線も大きくなった瞳孔から

目の中に入り込みます















なので

よく言われる内容は間違いではありません



























ただし

2つの理由から大丈夫ですと言えます























まずは紫外線透過率です











紫外線透過率が1%以下であれば

例え瞳孔が大きくなっていても

レンズが紫外線をカットしています



なので目に入る紫外線は

かなり抑えられています












ただ、

サングラスの構造上

レンズと目の間に隙間はあります










そうすると

横からや上からの紫外線は隙間から入っている

そこを心配する方もいるでしょう









そこは確かにそうです























そこでもう一つの理由

















日中の明るい場所なら

濃いカラーが目の前にあっても

そこまで瞳孔は大きくならない


















可視光線透過率が10%と

かなり濃い色のレンズだとしても

瞳孔がめちゃくちゃ大きくなることはありません





それくらい

晴れた屋外は明るいんです
















そうすると

薄いカラーのサングラスは

もっと眩しいと感じます




これは実際に体験すれば

違いを感じられます(^-^)
























眩しさを抑えたいので

サングラスを掛けたい
















そう思われるなら

レンズカラーは濃いほうが効果はあります




























ただ

隙間からの紫外線が気になる




















それならば

















サングラスを掛けて

帽子を被る




















それが一番です












来たる日差しの強い夏に向け

準備をしておきましょう(^-^)









                  清家



閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page